トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005/03/26

過去ログ35

013:焦 萱野芙蓉様
 焦心ののち右半身ひえゆくに今宵も月はかひなを持たず
ひとり寝を寂しく思うとき、月がそういう風に見えるのかもしれない。

022:弓 内田かおり様
 陽の落つる間際膨るる影法師地に溶けるまで弓を鳴らせよ
影が見えなくなるまでの間、ほんとうに暗い夕暮れに弓がよく似合います。
バイオリンよりトーンを落としてチェロぐらいの音が聴きたい。

086:占 春畑 茜様
 占いにひきちぎられてゆく花の白さかなしさ夕路地に降る
花占いで千切られたはなびらの、そこはかとないかなしさがいいですね。
手慰みに引きちぎられたいのちの声がしそう。

010:線路 片岡 幸乃様
 線路には宵待草がよく似合ふ列車そのまま消え行きさうな
あ、すごく和む。仮名遣いも宵待草も、列車の音も。宵待草の咲く線路は
きっと田舎で、列車もそうそう通らない・・・って、深読みしすぎ?


今日はここまで。
相変わらず全身かゆいです。ぶつぶつは消えたけれど、
それで治ったというのではないみたいで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/03/25

過去ログ34

063:鬼 舟橋剛二様
 いつの世も鬼は憎まれているのに人はどうして鬼になるのか
すごくストレートかつ正論だと思う。それをさらっとお歌にできるのも凄いです。

013:焦 皆瀬仁太様
 体脂肪そこのけそこのけ高濃度焦性葡萄酸とほります
このお題でこうきちゃったか~、まず体脂肪減らしましょうよ。おもしろいんだけど
ただ笑っちゃいけない深刻さが垣間見えます。

039:紫 村本希理子様
 サビオでは隠しきれない紫の歯型の痣を 何を泣いたか
泣き声を殺したいとき、自分の腕なんか噛むこと、あります。そういう情景と
とらえ、どきっとしました。

009:眠 我妻俊樹様
 夜は明けてつぎの世界へ眠い目のあなたが届く破れたシャツで
あなたが「着いた」ではなく「届く」なのが何とも好きです。

090:薔薇 宮野友和様
 君に贈る薔薇はいつでも赤がよくワインは白がいいそうである
はい、ぜひそのオーダーで。できればドイツワインにして下さい。

041:迷 みずき様
 迷ふこと余りに多き逆縁の蒼ざめし頬照らせ春光
春の光は優しいから、少しは血の気も戻るでしょう・・・としか声を掛けられない。

090:薔薇 行方祐美様
 紅の薔薇ひそやかに棘を染む明日無音に帰りゆくべし
無音に帰りゆくの表記が「還りゆく」でも好きだなあ。全体の調べが美しく
とても好きなお歌です。


今日はここまで。
忙しくしていたら、あろことか全身蕁麻疹が出ました。びっくり。
今までいちども、こんなことはなかったので、
「蕁麻疹って内科?皮膚科?」と騒いでいました。
はい。病院、行きました。
ちょっとゆっくりペースにしようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/21

過去ログ33

039:紫 みずき様
 紫の綿毛を飛ばす薫風は夢の壷とふ春野咲かせり
夢の壷だなんて、何て素敵な言葉でしょう。

011:都 青野ことり様
 ひさかたの光たゆたう春の庭 都忘れを愛でる哀しさ
結句が胸に染みます。愛でつつ哀しいその心に。

010:線路 星川孝様
 思ひでは杳(とほ)くにありて錆びつきし線路のうへをゆく少年よ
前半の文字遣いにやられました。似た雰囲気の「線路」のお歌はありますが
そうなってくるとやはり、文字も大事な要素ですね。

034:背中 ハナ様
 あんなこと言ってごめんねシャツの皺背中が喋るなんてずるいね
「ごめんね」「ずるいね」相反する言葉がしっくりくるのは何故でしょう。素敵。


今日は33だけにします。だんだん追いついてきたし。
で、今日は自作もお休み。
明日の予定が立て込んできているので、もうひとつすることがあって・・・
またあさってから、頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/20

過去ログ31~32 そして・・・

まず31から。
013:焦 五十嵐きよみ様
 焦点のぼやけた写真に火を点ける 写しそこねた永遠を燃す
写真を燃やすのは、その過去を消したいとき、かな。焦点のぼやけが
結句と併せ読むと、すごく胸に染みいります。

010:線路 青野ことり様
 線路際土手につくしを探しゐてひとりぼつちは怖くなどない
ひとりを楽しめるって素敵なことです。

077:櫛 行方祐美様
 風の櫛は髪散らすなり春先の朝の言葉をひらけ白梅
乱れる髪を「風の櫛」とはなんと雅なお心。惚れました。

020:楽 きじとら猫様
 しろやぎがメリーに宛てた楽譜ならくろやぎ読まずに食べて歌った
かわいい!いま、一番欲しかったのはこのような和みかもしれない。


更に32。
030:橋 住職(jusyoku)様
 その橋を渡りし者に他人(ひと)は言う。穢れしものよ、戻り来るなと。
この方のお歌を拝読していて、いつも句読点の使い方の巧さに圧倒されます。

015:友 斉藤そよ様
 とまどひを身ぐるみ剥いでゆく吹雪ふぶき地ふぶき友だちとして
雪の日は、こんな気持ちになることもあります。

007:発見 皆瀬仁太様
 「子の発見」と妻の呼びゐる所作をもちてわがパソコンは滅ぼされゆく
本来なら絶叫しそうな事態を「子の発見」と云う奥様も素晴らしい。


そして、謹んで返歌させて頂きます。
 袖掏るも多少の縁も欲しからずこんだけへたのうたの羅列に

返歌

 君に逢う日があるならば袖のないベアトップ着て闊歩しませう
 主義主張咎めぬ主義の国なれど己が言葉の芽は己が摘め
 飲み頃のキャンティー常にありますが熟成拒む方には出せぬ


いいですか。
吐き出した言葉は二度と戻りません。
吐き出した本人が忘れようとも、言われた方は忘れません。
平然と帰国する赤軍の如き卑劣な真似は、僅かでも自尊心が残っているなら
おやめになった方がよろしいのではないかと、私は思いますが・・・

きつい話になりました。再入浴してきます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Bar Betty's Blue

そろそろ自作まとめもしておかないと・・・
流れとしては最近は多忙もあって、また他の理由もあってスランプ気味ですが
今日からまたちょっとずつ走ります。

そういうわけで

Bar Betty's Blue

036:探偵
 解き飽きたモザイクのよう黄昏に銃とギムレットと探偵と

037:汗
 昨夜とは違う男とキール飲む冷や汗ひとつ浮かべぬ彼女

038:横浜
 横浜の匂いが少しする夜ですデンキブランはお嫌いですか

039:紫
 紫煙にはバーボンがよく似合います寡黙であればなお似合います

040:おとうと
 おとうとの手を取り歩いた夕暮れはテキーラ・サンセットの色でした

041:迷 ベティ
 泣き言を聞くよファジーネーブルのグラスに迷い沈めにおいで 

042:官僚
 官僚の席にはレミーマルタンのボトル見栄だけ味濁らせて

043:馬
 螺旋描く檸檬は馬の頸でした朝陽に輝くHorse's neck

044:香
 シベリアの儚き春に思い馳すゴッドマザーのやさしい香り

045:パズル
 真夏日の午後は思考のパズルなど解きつつ冷えたダイキリを飲む

046:泥
 「後味は泥のようです」ソムリエのお勧めワインにそっと毒づく

047:大和
 カミカゼに大和の酒は混じらない無粋な名ゆえ酔いが早まる

048:袖
 袖で目を拭うマスター恋破れマルガリータがやけに出る夜

049:ワイン
 連れは要らぬワイングラスを傾けて黒鍵だけの曲を聴いてる

050:変
 悪魔とは突然変異の天使ですマンハッタンのチェリーのように


実は私、家にカクテル道具一式を揃えているホームバーテンダー(趣味)なのでした。
ただしベースはほとんど飲んでしまい、全種揃えていたのが一部欠品しています。
このテーマは再度出す予定です。さて、どんなお酒を出しましょうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/03/19

過去ログ28~30

まず28から 自作はちょっと、お待ちを・・・
004:淡(再投稿) 長沼直子様
睫毛の先は簡単に淡くゆがんで、きみはまぼつかまえたろし
たったいちどの接吻を想像したのです。儚くもうつくしいのは、それを淡々と受け止めていること。

096:留守 船坂圭之介様
 冷えて逝くこころししむらきさらぎの月へ無韻の詩を留守電に
099:動 船坂圭之介様
 歌ひとつ成すくるしみに疲れたり銀月よ そこを動くな!
100:マラソン 船坂圭之介様
 欲しいまま雲を赦して天涯にいまし消ゆ虹 マラソン終はる
もう、ここでは拝読できないのが至極残念。
幸いブックマかけさせて頂いています♪

003:つぼみ 長谷川と茂古様
 底なしの甘き眠りに浸りたる薔薇のつぼみを腐刑にぞせむ
結句にやられましたね。腐刑だなんて、すごい語彙。

026:蜘蛛 住職(jusyoku) 様
 赤い糸、蜘蛛の糸、気付かずにいる繋がりの先。その意味を問え。
結句の「。」が格別に良いですね。

004:淡 嶋本ユーキ様
 深き闇ネオンサインに溶けてゆく僕の存在すら消す淡さ
一見変哲もない光景ながら結句の「消す淡さ」にどきっとしましたね。

続きまして29
020:楽 寺川育世様
 咬みしだく白い花ほら音楽が聴こえるだろうその泣き顔の
咬みしだくのが山梔子なら最高。

051:泣きぼくろ さゆら 様
 真顔です鏡の中のわたくしの泣きぼくろ だんまりぼくろ 待ちぼくろ
私も左目の下に大きめのがあるのでした。共感票です。

031:盗 17番様
 枯れ果てし我より君は何を盗る萎れた心か未だ見ぬ花か
花であって欲しい。花を咲かせたいこころが残っていたら、いつかふれあうでしょう。

035:禁 村本希理子様
 禁止する者ら蔑して唇をいろどるマリー・クワントの赤
固有名詞絶妙。シャネル、ディオールなら却下でした。

090:薔薇 那賀神 哲様
なけなしの 勇気叩(はた)いて 買ったから 渡す勇気が 無くなった薔薇
どうか渡してください。選ぶ経緯も含め嬉しいのだから。

004:淡 皆瀬仁太様
 ゆびさきは春のかすみにふれながら我と君との淡き輪郭
作者らしい流れです。好き。特に結句。

きりよく行きましょう、30へ
006:時 里坂季夜様
 時がもし準宝石の螺旋なら言葉は宙に舞う紙吹雪
準宝石、そして紙吹雪。言葉がよく吟味されていますね。

050:変 クロネコ様
 「恋愛」を つい「変愛」と 書き間違え 色んな性癖 疑われるオレ
いいじゃな~い、変愛でも。純愛とか陳腐さがなく、好きですよ。

014 主義 華音様
 ぜったいにうしろは見ない直感で自由奔放ハイヒール主義
私に似ている。それだけで選んだのです。御迷惑は承知の上ですが、
ハイヒールをはきこなす女性はそれだけせ颯爽と毅然と生きている感じ。


今日は、ここまでね。
進むとまた不快指数と遭遇の可能性もあるし。

陰口を叩くならば、堂々とせよ。
自分でわかるでしょ?
あなたの歌は私を素通りし、何の感動すら覚えないの。
棄て台詞にも限界があるのですよ。

個人に言えばまだしも、皆に対し無礼。
何のことかわかる方、是非ご意見頂きたく思います。
トラバも大歓迎、引用やリンクも歓迎。
本室にはスレッドもありますので、この件お怒りの方、どんどん書いてね。
相手の陳腐な言いぐさは管理責任で削除するので。


追伸。
今日は相当泥酔して帰宅したため他の選歌などはできない状態ですが
選歌に誤り(句こぼれ)があり、その点だけは
作者様に失礼なので訂正させて頂きました。誠に申しわけありませんでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/03/18

過去ログ23~27

まず23から。
031:盗 さゆら様
 はい下戸でございますれどその酒盗いただきますとも女賊の笑みに
全体的な言葉遣いの美しさが結句に艶めかしさを与えていると思います。

010:線路 現川尋香様
 左右どちらに行っても地獄行きアウシュビッツの二またの線路
どきっとしました。まさに、地獄と地獄の選択肢。線路からこのような歌を詠み上げた
作者の感性に強烈に惹かれました。

085:胸騒ぎ(再投稿) 船坂圭之介様
 信ぜよというかさらなる明日の夜を遠き海(み)鳴りに似る胸騒ぎ
前半の流れがすごく好き。そもそもこの方のコーナーを作りたいぐらいのファンです。
歌集だったら迷わず買うでしょう。

次、24から。
011:都 ピッピ様
 はいいろの少女は少女の十本の指ですくえる都会で生きる
危うく切なく、まさに「はいいろ」の似合う少女象。

あれ・・・1首だけ?というわけで25へ
023:うさぎ 足立尚彦様
 気の弱いうさぎが月に吠えるとき夜よやさしく距離を削ぎとれ
「うさぎが吠える」にやられました。

あれれ?・・・じゃ、26へ。
093:ナイフ 船坂圭之介様
 呷るべきは美酒かはた彼のバリサイの血かは知らずもナイフは乾く
とにかく言葉の選び方が絶妙。

うーん、27も。
009:眠 伊波虎英様
 フェルメール・ブルーの眼(まなこ)もつ猫の嗜眠を解かば世界は畢る
色彩の美しさもさることながら、「嗜眠」が映える一首でした。

002:色 皆瀬仁太様
 暖色のつつみて午後の九段坂なだらかな肩ならびゆくなり
地名の選定が絶妙。そのまま「なだらか」「ならびゆく」の仮名の柔らかさが活きています。
実はこんなところで(失礼)ご一緒できるとは思わず、すごく嬉しいです。

001:声 岩崎一恵様
 ひよどりの声いくたびも空に消えわたしを逸れたままのまなざし
「逸れたままのまなざし」が特に好き。また「ひよどり」の声であることが、
ますます深みを与えていると感じました。

今回も、とっても辛口な選歌になりました。
自作が出てくるとうんざりするのは、何故でしょうね。

今日の(マラソン外の)1首
 我が夢は遙か砂漠の底に在り掘る勇気より水をください

あと、おまけで今回のお題でもあった「主義」の、過去の歌を紹介します。
 肌身には護るべきもの持たぬ主義 eau de cologneは硝煙の色
実は、自作ながら結構好きな歌でした。
今回一番、苦しんだのは、このお題です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/17

過去ログ20~22

まずは20から。
008:鞄 M.東矢様
 月夜には空とぶ鞄も見えつらむアンデルセンに抱かれし頃
アンデルセンというのが効いています。

097:静 謎野髭男様
 コルボ振る慈愛静けさ鎮魂のフォーレを聴きて心満ちたる
静かなやさしい音楽が聞こえてきそう。発句が佳いです。

012:メガホン 落合朱美様
 早春の訪れ告げむと黄水仙小さきメガホンつんともたげて
ああ、そうだ。水仙のつぼみってそんな感じですよね。歌として拝読し
改めて感動しました。

続きまして21
052:螺旋 行方祐美様
 今朝の香となるのか林檎ゆるやかな皮の螺旋をつづけるかぎり
倒置がとても効果的。そのままでもお歌の形としてはできあがっていますが、
最初に林檎を持ってきたことで、後半の印象が強まります。

002:色 きじとら猫様
 誇り高き金色(こんじき)の眼の野良猫よ鎧の柄はぞうきんなれど
野良猫の少し凝り固まったような毛並みを「鎧」「ぞうきん」と呼びつつ、それが却って
誇り高い目線を効果的にしていると感じます。

そして22
088:食 船坂圭之介様
 かすみゆく砂塵の中に隻腕の少女それのみ食(は)むパンの耳
090:薔薇 船坂圭之介様
 春雷のはしり抜けゆく薄暮れに薔薇は首(かうべ)を挙げしまま朽ち
船坂様の拾い上げる題材は、弱きもの、儚きものが多く、それが雰囲気によく似合う。
本当に厳選しての2首でした。

006:時 星川孝様
 還らざる時のはざまにふりしきる枯葉も雨もかすれたるまま
文字で拝読する以上、仮名の配分が上手なお歌には強く惹かれます。
「はざまにふりしきる」総て平仮名のところが、結句に馴染む。


今日も少ないですね~
私の歌があちらこちらに挟まっているのが、邪魔。
とはいえログだから、投稿している以上邪魔でも出てくるし。
今日は1首ぐらい詠みたい気持ちです。

マラソンとは無関係で。
 シャガールの青うつくしくピカソなら青は哀しく同胞なれど
昨日もちらっと書いたんですけれど、私自身がここで選歌させて頂いているお歌は
それぞれ詠まれている方も違いますし、当然皆さんの歌歴、環境など皆違います。
選んでいないお歌もあるわけですが、決してそれはそのお歌が下手だというのではなく
単に私の好みに当てはまらなかったということです。
気に入らない=下手、というのは乱暴な話で、ならば例えば、
ミレーは好きだから上手、ゴッホは嫌いだから下手とは誰も言わないと思うのです。
それは勿論、両者が巨匠である背景もありましょうが、
ミレーが初めて絵筆を握った瞬間から「落ち穂拾い」を描けたわけではなく
その裏には多くの習作、デッサンが存在するわけです。

デッサンを拒み、習作を拒んで、果たして名画は完成したでしょうか。
答えは「否」だと私は考えております。
題詠マラソンという場で、「せっかくだから、ここでデッサンの勉強をしよう」
「ここで少し他の方の作品に触れ、習作してみよう」と考えている方もおられるわけで
それを一蹴するような真似だけは、私は、したくない。
たどたどしくても瑞々しさが好きなお歌もあります。
技巧的であっても琴線に触れないお歌もあります。

私がこんな偉そうなことを言える立場ではないのですが、
どうか現在走っている皆様には、それぞれ心地よい達成感を得て頂きたいと
心から願うばかりです。

トラックバックしてくださったりコメントを下さった皆様、
本当にありがとうございます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/03/16

過去ログ17~19

まず17から
077:櫛 船坂圭之介様
 遠雷と絡み合いつつ梳る(くしけづる)珊瑚の櫛の邪しき音色
何で、何で、好きなんでしょう。もう理屈はない。

034:背中 行方祐美様
 ハグリッドの背中が笑うこの真昼アッペのオペがもう終わる頃
あの素朴な語り口調と広大な背中が、手術成功を彷彿とさせる。
ハリポタ大好き。

続いて18
052:螺旋 春畑 茜様
 今日われのこころは白き螺旋なりゆうぐれまでをゆるゆるくだる
後半のかな表記が素晴らしい。「ゆ」の音色が耳に残って。

017 陸 津山 類様
 蝶かわしかわせし離陸蜜蝋の色に染まりし蟻の1兵
うーん、どうしてか、心にずんと引っかかる。「蜜蝋」がいいですね。

044:香 田貫 砧様
 わが生は香車に似たり後ろには戻れず前に進みて散るのみ
いいなあ、ここで将棋とは。それが人生の凝縮であり。

更に、19
070:曲 謎野髭男様
 迷い込む谷中(やなか)路地裏くねくねと道は曲がりて川跡と知る
川の湾曲がいい。しかも山中に足を運んで。
084:林 謎野髭男様
 雪原に矯(た)められ刈られ身もだえし林檎樹(りんごじゅ)立てりオブジェのごとく
個人的見解ですが、この樹が林檎であることがベストマッチ。

003:つぼみ 田丸まひる様
 乳白のつぼみを間引く 誰にでも愛されているなんて思うな
色合い、愛の心理、それでも前向きな作者の心が伝わるお歌。作者はきっと
我が道をしっかり踏んでいるのでしょう。

004:淡(再投稿) 村本希理子様
 友情は淡くしづかに歯を立てていちごみるくを壊す放課後
「いちごみるく」のかな表記が甘くて、本気ではなさそうな諍いを連想。
甘味があるうちは、まだだいじょうぶ。


今日も少な目。ちょっと気がかりなことを目にしましてね。
私、好きなお歌を選んでいます。それが稚拙とか技巧的とか王道とか
そういうことは考えていないの。心でずんと感じられるのが佳いと思う基準。
たとえばね、与謝野晶子の歌集のお歌にだって「これ、きらい」というのはるのね。
確かに中には素通りするお歌もありましょうが、要は詠み手が何を言いたいか
そのお歌から想像できるのが好き。
背景説明というかね、そういうのはいくら佳くても、選んでいないのね。
だって、そこは私が「感じる」空白であって欲しいから。

人それぞれですが・・・
誰かが1首でも私のお歌の中から「好き」といってくれる。
それがまた、次につながる。
稚拙か、技巧的か、そういうことを問うには自分のスタイルを認める結社でやればいい。
趣旨を理解して参加したはずが、途中で他者を貶め逃げるのは・・・いやだ。

生意気言いました。ごめんなさい・・・でも言わずにいられない。
非難覚悟の発言です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/15

過去ログ16

006:時 てん様
 雨戸閉ざせば夜がわたしに染みてゆく時の長さを思いつつ啼け
啼く主体が曖昧なのが逆にいいです。余韻が深い。

067:スーツ 船坂圭之介様
 風めぐるなかの孤独に耐えてわがスーツもっとも醜きかたち
073:額 船坂圭之介様
 桔梗(きっきょう)の濃ゆき薄きをかかへ来て午後の額をひとは白くす
まったく雰囲気の違う2首を選びました。どちらにも作者の匂いがするのは見事。
特に「額」の歌の「桔梗(きっきょう)」の読みが好みです。

002:色 星川郁乃様
 ふかみどりから藍色の いまきみは色環の弧に閉じ込められて
色のグラデーションが見事。また「弧」が「孤」にかかるのかな?そういう雰囲気も好き。

016:たそがれ 中村悦子様
 海の名残を埋めてたそがれる背なの貝殻骨に砂のくちづけ
砂のくちづけにやられました。ざらりとして苦いくちびる。

068:四 葛城様
 玄室の壁画に佇む四獣神 天への帰還はいつなのだろう
かなり好みのお歌が多い方です。特にこのお歌のテーマの選び方に脱帽。


今日はとっても少ないです。自作もお休み。魔の3月の多忙がやってきました。
前半頑張って走ったけれど、ここでちょいと休息といったところですか。
ログはどんどん増えるので帰宅できない勤務日以外は極力拾いたいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/03/14

過去ログ14、15

まず14から。
004:淡 桶田 沙美様
 パステルで描いた貴女の横顔は淡い色でも凛としていて
パステル画そのまんまの柔らかい言葉の選び方がいい感じです。

014:主義 やそおとめ様
 いちにんの主義のもとにて堰き止めしユーフラティスの甘き水恋ふ
きっと「ユーフラテス」だったら採らなかったと思う。「ユーフラティス」という響きが
そのまんま結句の甘さにつながっていて好き。

007:発見 K.Aiko様
 噎せ返る白百合 命追うように涸れるか 遺体発見現場
いかんいかん。また5月6日に記憶が戻ってしまう。

016:たそがれ 葛城様
 たそがれに邂逅(まみ)えし君は鈍色の影を携え遙と消えゆく
漢字の使い方が絶妙。お題にしっくり馴染みます。

006:時 住職(jusyoku)様
 時が過ぎ現在(いま)の君を過去の君をいつか許せる日の不確かさ
「現在の君を過去の君を」の破調が効果的。この危うさが結句にすんなりつながります。

064:科学 船坂圭之介様
 みだらなることに触るるな乙女等よ桜ちらちら舞う科学祭
本当に全部拾ってしまいそうで悩みます。科学祭と乙女の危うさが絶妙。

044:香 春畑 茜様
 沈香を焚けるひとときひとすじの煙は触れつ弥勒の指に
自分の指でなく、観音菩薩でもなく、弥勒なのがポイントでしょう。荘厳。


続いて15から。
004:淡 前野真左子様
 淡雪羹舌にしゆはしゆは溶かしつつ雛の宵の雨を聞きゐる
雛の宵、いいですね。雅な言葉の響きです。

019:アラビア 林本ひろみ様
 水槽にアラビア文字を書き綴る巻貝たちのいつもの伝言
着眼点がおもしろい。巻き貝がくっつくと、確かにそんな感じですね。

048:袖 葛城様
 益荒男の手結いの袖に滲み入りし滴を絞りてわが血となさん
勢いがあっていいです。すごく男っぽい躍動感。

15の選歌が少ないのは、要するにここいらで自分がひょこひょこ顔を出すせいです。
やっとこの段階で走り出したんですね~

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/03/13

過去ログ 12、13

まずは12から。
009:眠 尾崎弘子様
 ああけふは眠りすぎたる猫である噛みつかぬのにだれも起こさぬ
今回、猫が多く出てきますね。眠る猫は起こさない。いいなあ。

006:時 ケビン・スタイン様
 ジェラシーは人にするんじゃないんだね 未知なる時がこんなに苦い
時が苦い、って佳い表現だと思う。それがジェラシーにかかってくるなら尚更。

004:淡 住職(jusyoku)様
 君の髪、触れてはならない。今日から一人に還る。淡い思い出。
句読点の打ち方が絶妙。

041:迷  謎野髭男様
 独り聴く「アニュス・デイ(神の子羊)」にぞ涙する惑い迷える日々もありたり
惑い迷えるからこそ聴きたい曲も、ある。私にもあります。

002:色 宮崎 浩様
 孤独感はセピア色して孤独さへわからずにゐるテロリスト達
テロの凄惨さと渦中の人の「信念」だとか「理想」がセピア色にくすんでゆく。
気付かぬのは当人だけ。いいです。

007:発見 舟橋剛二様
 死後七日発見されずいた人のその七日間ほどの永遠
このお題で、こうきましたか。インパクトが凄いです。夏だったら、ちょっと嫌だ。


続きまして13から。
050:変 船坂圭之介様
 胸に在る影おもむろに濃くなりてやがて鴉族となる地獄変
056:松 船坂圭之介様
 たわむれになすな恋とぞ蟷螂の修羅ゆうばえの松原のなか
060:影 船坂圭之介様
 謀られはせじと気負いを背に見せてつまり乙女というものの影
まずいまずい。全部拾いそうになるのを抑えて厳選しています。贔屓じゃないよ、好きなんです。

009:眠 宵月冴音様
 ねむの木のねもとに獏の眠る日は眠りなき夜のねむりのねむり
ねむねむねむ・・・・催眠術のような柔らかな響き。

009:眠 深森未青様
 王様は王になる夢見られないぎろちんのぞむ窓に眠れり
凄い発想。処刑を待ちつつ絶対もう王冠はかぶれない、と知っている。


ログの増え方に追いつけません。初期ログが2列目になってるし。
今日はまず、自作については、テーマを決めてからになります。
その前にもういちど、お風呂にしよう。今度はラベンダーのアロマオイルを入れて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ログ11 そして「ショート・デート」

まずは、バーを一度中断して、本当にショートショートでもって僅か5連作
その名も「ショート・デート」甘めです。鬱積も翳りもなく、あっけらかんと。

さて、ログ11も拾いましょう。

009:眠 岩井聡様
 ゲンスブールその眠たげな目に沈む愛の極北すなわち視姦
視姦という結句の禍々しくも本音。美しさは淫靡なもの。

029:ならずもの 春畑 茜様
 なまけもの生煮えのものならずものそれぞれの曳く春のかなしみ
このお題は苦慮しましたが、こんなに美しい結句がある、絶品。
030:橋 春畑 茜様
そのうえをひとのかなしみ渡るとき橋はやさしくゆうぐれを揺る
ゆうぐれを揺る。美しい言葉です。

011:都 風花様
 雲間より光の帯は伸びて行きアトランティスの都を照らす
アトランティスに、1票。

016:たそがれ 露稀様
 たそがれは逢魔が時とも言うらしい それなら君も魔物でしょうか
君も魔物。私自身も、きっと・・

014:主義 クロネコ 2005年03月03日 (木) 12時58分
 その若者 大層に掲げる 自由主義 ニート風情が 偉そうに語るな!
そうだそうだ!共感するね。

016:たそがれ 落合葉 様
 たそがれは逢魔が時とぶらんこにゆらゆらゆれてかたくにぎる手
なんといっても、ぶらんこでしょう。仮名表記がちょいクラシカル。

008:鞄 吉野楓子様
 くたびれた往診鞄はグランパのようなやさしさ満タンにして
祖父の如きやさしさ。脱帽。

018:教室 星桔梗様
 教室に一輪挿しの机有り心は共に卒業をする
わかります。仲間を喪った重みがこれほど客観的に、切実に感じるお歌、貴重。


あはは、けっこう進みました。頑張るぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/12

過去ログ9,10

ログの速度の方が早いので、ちょっと根性を入れて。

まずは9から
004:淡 こはく様
 アッサムの香りをほどく要領で練り込んでいる時差、いえ、淡く
アッサムといえば紅茶。というぐらいアッサムのミルクティーが好き。で、「淡く」が
ミルク多めを連想させてくれます。「香りをほどく」がいい。

015:友 さよこ様2005年03月02日 (水) 16時42分
 身の傍に友と呼びたき人もなし春一番のごうごうと鳴る
ふいに気付いた孤独感が風の擬音に凝縮されている感じ。特に切実そうでないのに
胸に響くのは、この「ごうごうと鳴る」のせいだと思います。

009眠 西中眞二郎様
 物なき日タバコ代わりのイタドリを吸いいし父もここに眠れる
そういう代用品があったんだー、と感心しつつ、亡き父親を回想する上で
イタドリは絶妙な配置だと思います。

009:眠 風花様
 何故か今日とても寂しい僕だから眠る人魚の封印を解く
人魚の封印。淡々とした口調ながら非現実をもってくるところが、このお歌にぴったり。

037:汗 船坂圭之介様
 満身に汗しとどなり性欲を欠きし老いたる馬駆ける見ゆ
二通りの読みができると思うのですが
 1 この馬は往年の名馬で、気性が悪くセン馬にされた。
 2 もう繁殖に使えないほど年老いた馬である。
個人的には1の方が哀愁漂って好きな解釈ですね。

042:官僚 船坂圭之介様
 検屍官僚友と在り夕暮れの花散る下のイタリアンカフェ
検死官だってだってにんげんだもの~(Qooのテーマで)花の下でイタリアンもあり。
しかし、その花は、散っています。春なら桜散るのは当然ですが、トップに
「検死官」があることで、別の意味の翳りを帯びるのでした。


お次は10から。
011:都 星桔梗様
 雫溜め都忘れの花の咲くあの頃ふたり過ごした場所で
清楚で美しいです。結構好きなお歌が並んでいました。

005:サラダ 深森未青様
 たれひとり味を知らずもサラダバーに常に残れる緑のぜりい
あれね~○○味なんですよ。でも言うと無粋だから内緒。ぜりいちゃんは謎のままで。

003:つぼみ 里都 潤弥様
 海の底が海をそのまま食むように僕泣きながらつぼみ噛みます
すごいインパクト。なんでつぼみ噛んでるの?素通りできません。

003:つぼみ 五十嵐きよみ様
 私ではないわたくしを想うときたとえばその名は<つぼみ>あるいは
文字で読むなら、括弧の使い方も技のうちですね。普通のかぎかっこだと、ここまで
強い印象を持つことはできなかったかもしれない。

006:時 島菜穂子様
 L'Air du Temps(レールデュタン) 満ち欠けを繰り返しつつ永遠の時を月は刻めり
この香りが漂ってきそう。鳩の羽音がしそうな夜でした。


ちょっと少な目になったかな?
次にいけそうなら、もうちょっと拾いたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死神の歌

問題ありのくら~い一連。

026:蜘蛛
 仰向けに脚をすぼめた骸(むくろ)晒し蟻に牽かれてゆく女郎蜘蛛

027:液体
 ほの幽かアーモンド臭漂わせ液体咽を死を抜けてゆく

028:母
 芽吹きつつある木々しろく凍てつかせ祖母を亡くした早春の雪

029:ならずもの
 生きているうちはまだ良い自害とは万事迷惑ならずものとて

030:橋
 渓谷を臨む橋より君逝きて五月六日の総てを消したい

031:盗
 盗むなかれ殺めるなかれ人類の叡智は何処で壊れただろう

032:乾電池
 乾電池抜いた玩具か置き去りの赤子は飢えて死に逝く車中

033:魚
 往年の芸妓最期の紅筆に金魚のような緋をひとすくい

034:背中
 胸に刻め君のいのちのその重み焼けた背中の産婆に倣え

035:禁
 脳漿に鴉群がる線路脇立ち入り禁止の黄色いロープ


この連作はあまりに重くて10でやめました。同じお題でもう少し違うお歌を詠みたいですね。
中にはそれほど重くないのもありますが、かなりリアリティな死神が随所に居たりして
ちょっと自分でも、連作としてはいかがなものかと反省中。

夜には過去ログ選歌、またやります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/11

過去ログ 8

どうも、ログのできる速度に負けています。休日は頑張っていきたいところ。
書き込みもだんだん頂けるようになって大変嬉しいです。
私も、時々、他の方の選歌などを見ていて自作を見つけると
くすぐったいような嬉しいような気持ちになるのですが、
今まで自ら書き込んだことがなかったのです。でも今年は・・・完走した後なら書けるかな?

今日は過去ログ8から。だんだんと選手一同出そろってきた感があります。

022:弓 船坂圭之介様
 弓月は白きうたかた冬の夜のこころ凪がしむスペイン舞曲
026:蜘蛛 船坂圭之介様
 易やすと溺れてゆけぬゆけぬゆえ海をもっとも恋ふ月と蜘蛛
031:盗 船坂圭之介様
 存念のひとつ盗まれ夜の霧にわが影はまた嵩を失ふ
036:探偵 船坂圭之介様
 かぐはしき花よすなはち咲き誇る愚劣は隠せわれは探偵
気が付けばまたこんなに採ってしまいました。あまりにも拾いすぎて涙を呑んだお歌も。
全体的に、他の方も似たお歌を詠まなくはないのですが、言葉の選び方が巧い。
巧いと言ってしまってはおこがましい気もしますが、私の好みだ、と言うのならしっくりくる?
例えば「弓」のお歌で月と弓を重ねる発想はあっても、冬とスペインが融合するには
全体の流れに違和感を覚えないことが大前提。
「蜘蛛」のお歌でも月が出てきますが、こちらの取り合わせは逆に斬新。
私自身、かつて蜘蛛の巣を「銀のレヱス」に見立てた歌を詠んだことがありますが
そこには蜘蛛の姿がもっと生々しく存在したのでした。こんなに斬新に、
しかも違和感なく蜘蛛を取り上げることはできなかった。
結論を言えば、歌集になっていたらきっと買うでしょう。

005:サラダ 春日山様
 喧騒の街に一日(ひとひ)を過ごしきて香焚き寛ぐ心のサラダ
香を焚きしめた風雅な休息を「心のサラダ」と詠む発想に感服。きっとこのサラダは
心に佳い栄養素がぎっしりなのでしょう。私は、伽羅がいいです。

018:教室 春畑 茜様
 教室に物理教師を待ちながら黒板消しを扉は挟む
笑いました。1,物理が嫌い。2,物理の先生が嫌い。3,両方。
私は3でしたね。黒板消しは挟みませんでしたが、気持ちはわかります。

007:発見 風花様
 エウロパの氷の下の海の中発見された二人の化石
やられた。何故化石のお題でこの地名が?ボギャブラリーの豊富さと、使い方の巧さ。
エウロパは氷に閉ざされた惑星ですが、同時にヨーロッパの古い名前でもある。
もしかしたら例えばスイスあたりの氷河の下から、化石が発見されるかもしれない。
そんなとき、きっとこのお歌を思い出すでしょう。

002:色 土岐友浩様
 地球儀の平野に塗りわけられているオリーヴ色は祈りのかたち
「オリ-ヴ色は祈りのかたち」結句の仮名遣いと漢字を「色」「祈」に抑えたのも効果的。
前半「地球儀」「平和」「塗」と漢字が続く分、後半がより柔らかく心に届きます。

004:淡 露稀様
 今までで綺麗な恋はひとつだけ 淡い初恋5歳の電話
かわいらしいようでいて、ずばり恋の真核を突いている視点の鋭いこと。
本当に「はじめて誰かを好きになった」ピュアさは1回きりなのでしょう。
だんだん慣れて、「どきどきする」とか言いつつ何処かで計算している自分が嫌い。

089:巻 斉藤真伸様
 巻き爪の恐怖を説きてチョビ髭の外科医はカルテを一枚めくる
チョビ髭め、お前さんは巻き爪になった経験があるのか~?と突っ込みたくなる。
こういう、臨場感溢れる中に滑稽なお歌も好きなのでした。
私は巻き爪です。毎度毎度、化膿する前に自分で抜いています。
「悪循環」「切るな」と医者は言いますが刺さる痛みは我のみぞ知る・・・
あれ?ちょうど31文字で愚痴ってしまいましたね。化膿したことも1回あります。
焼いた針で処理し、爪もきっちり除去しました。痛かった。でもやらないともっと痛いの。


コメントを頂いても現在個別のお返事を差し上げられず恐縮ですが、
可能な限り徐々にお返事させて頂きますので、宜しければまた覗いて下さいね。
五十嵐きよみ様主催のイベント、参加したかったんだけど昨日の帰宅が〆切後だったのでした。
次回は参加できたらいいな~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/03/10

過去ログ 7

初めてこのページでコメントを頂きました!嬉しいですね。
ついでに、連作の題も決定。そのまんま「Bar Betty's Blue」とします。
どこまで美酒を出し続けることができるのか?

きょうは過去ログ7からピックアップ。
好きな歌を拾うのは、活力源でもあります。


004:淡 中村悦子様
 古代湖の淡海が瞑い顔をするたそがれどきは追憶のとき
全体の流れが綺麗。どこか翳りのあるお歌は好きです。

073:額 斉藤真伸様
 葡萄蔓(えびかずら)の浮彫照らすうすあかり額縁店のとあるいちにち
この方のお歌は、好きなものが多くて迷いますね。額縁店がキーワードでした。

015:友 船坂圭之介様
 かつて死は遠きあこがれ労咳の友よしばしは酔はむ汝が眸に
また拾わせて頂いています。好きです。本当に。友のお題で労咳が出てくるとは。
斬新かつ翳りのある歌に弱い私です。

002:色 のぶれば様
 臙脂でも朱でも赤でもない色をきゅっと玉にし生きてる痛み
赤系の色が曖昧に、しかも凝縮していて、はっとします。
トップの臙脂色が特に効果的。

002:色 深森未青様
 老い蛙つひの魔術と枯れ草の色を擬しまま息絶えにけり
繊細な観察眼、蛙と魔術のとりあわせ、死の色合い。素敵。


今日は少な目の選歌になってしまいました。足下で愛犬が愚痴をこぼしています。
遊びたい様子ですが、構おうと手を出すと逃げていきます。
要は私をからかって、それが楽しいのです。困ったちゃん。
もうすぐ週末。ちゃんと埋め合わせは、してあげるから、ちょっと待っていてね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/03/09

過去ログ 6

どうしよう。自作が進まない。そういう日は無理しないで人のお歌に触れましょう。
拾い終わったらきっと、1首ぐらい、詠めるかも知れないから。


010:線路 謎野髭男様
 韓国の青年轢かる線路ありイルボンサーラム(日本人)救わんとして
014:主義 謎野髭男様
 主義に生き主義に死するを理想とぞ思いしときもありけりしかな
この方のお歌は(拾い読みした限りは、ですが)どきっとする鋭い問いのような
ずんと胸に響く印象があります。

050:変 斉藤真伸様
 とりどりの変死ならべた実話誌のページをめくる人を待つよる
人待ちの時間つぶしに変死体・・・あまり会いたくない相手なのかも?と憶測。
変死体のインパクトで採りました。

051:泣きぼくろ 谷口純子様
 泣きぼくろあればみせてよ密密とまつげのしろき顔によりゆく
どきん。猫のいない光景の色気もまた佳し。

001:声 青野ことり様
 呼ぶ声にふり向けばただ風がゆき もの問いたげなミモザが揺れる
新鮮。香川県ではオリーブと並んでミモザを栽培しているとか。ちょうどこの時期、
ミモザ祭りではなかったかしら。私もミモザ使いましたが、数段上の輝きにやられた。

030:橋 斉藤真伸様
 この橋をわたる影あり夜の川に下弦の月が砕けて映る
下弦の月、いいですね。詠まれる情景としてはそれほど斬新でもないのでしょうが、
月の選びかたが好きです。上弦より消えてゆこうとする下弦の月の方が儚い。

002:色 春畑 茜様
 眼のなかに春はしずかにひらき出す印度孔雀の羽色をして
印度孔雀。いいです。極彩色と、国名の漢字表記が絶妙。

003:つぼみ 藤田健一郎様
 長槍の先煌めかす羅馬兵聖痕はまたつぼみの如し
また拾っちゃった。羅馬。そして聖痕。つぼみでこうきたか~と新鮮でもあり。

004:淡 岩井聡様
 淡雪がにじむ舗道よシベールよあの日曜日はなかったことに
どきっとする独白。こんな呟きが耳に入ったら、きっと、振り向いてしまう。

002:色 はぼき様
 焼き色を確かめながら裏返すサンマ一匹土曜日の午後
素朴に温か。こういうお歌にも、心揺らぐことがあります。サンマが1匹で独りを表現し
しかも地に足の着いた生活感を感じさせる。さりげないようで巧いと思います。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/03/08

お気に入り~過去ログ4、5~

さてさて。自作は35まで進みました。26~35の10首は、非常に重いテーマですが
「死神の歌」とでもしておきましょうか。
情熱的、官能的、そういうのも好きですが、ちょっと躊躇うような重たいものを
10首並べてみました。中にはさほど消化不良を起こさない「死」もありますが
逆に「何だこれは!」と物議を醸しそうなものも含まれております。

今日は過去ログ4と5から、私のお気に入りをいくつか拾わせて頂きました。
最初「声」から順番に、と思ったのですが、速度が皆さん違っていますし、
そうなると後半好きなお歌が出てきたとき拾いにくいかな、と。

*******************************
003:つぼみ 武田ますみ様
 少しだけ暖かいような気がします。夜の菜の花のつぼみのあたり
全体に字余りなのですが、ふと心に引っかかったお歌。「夜の菜の花」
「菜の花のつぼみ」そして少しだけ暖かい。朧月夜をBGMに堪能したい一首でした。

003:つぼみ 谷口純子様
 つぼみちゃん恋子ちゃん夢ちゃんが待合室で爪をとぎおり
これもどちらかといえば破調ですが、猫の名前なのでしょう。敢えて言葉を足さず
3匹並んだしっぽが見えてきそうなほのぼの感が好きです。

011:都 谷口純子様
 京都の猫は語尾にぇをつけて鳴きますぇほんとどすぇ
本当ですか~~~
思い切り破調なのですが、素通りできない引力があります。

ここからログは5に移行します。

009:眠 船坂圭之介様
 薔薇の香を遠く措き闇静もればわが過去未来閉じて眠らな
010:線路 船坂圭之介様
 業(ごう)ならば耐ゆべし冬の真夜嵐線路は遠く闇へ延び行く
2首続けて拾わせて頂きました。言葉の選び方が、私の好むポイントそのもので
仄かな陰を感じさせる構成も好きです。これは好みの問題ですね。

002:色 落合葉様
 マムの花マリーゴールドドレミのミあの夏の日のほほえみの色
マリーゴールドはまさに夏の笑顔のよう。言葉のリズムの良さも魅力。
何と言っても「マムの花」という滑り出しが、「おやっ」と目を引きます。
これだけ数が出そろうと詠み始めのインパクトは大事ですね。

002:色 岩井聡様
 「色をなす」とは何色に染まることリリアン・ギッシュの恋は破れて
具体名を持ってくるときは、本当に歌全体の流れを慎重に見極めないと難しいです。
人選の巧さに惹かれました。

033:魚 宮まり様
 海を泳ぐ魚のように鳥が舞う 犬の散歩に出掛けようかな
快晴の見事な表現。どこにも天気のことは書かれていないのに、真っ青な空と
気持ちいい春風が吹いてきそう。

006:時 船坂圭之介様
 掌の上に屯(たむろ)する”時”しろがねの月のしずくのごとき憂鬱
順番が逆転していますが、また拾ってしまいました。
すいません。ファンになっちゃいました。

003:つぼみ 愛観様
 つぼみにもならない想い咲き終わり泣いてる人を羨んでいる
004:淡 愛観様
 灰色のコートの肩に淡雪が触れて溶けてくまでの抱擁
すいません。また2首連で拾いました。好みがはっきりばれています。
壊れそうな恋だとか、どこか翳りのある情景だとか、好きなんです。

002:色 船坂圭之介様
 将ににいま枯れなむとすも薔薇は薔薇失はずその色と香と綾
すいません・・・本当に、本当に、好きなんです。
ただ、書き出しはわざとですか?「まさに」の部分。

001:声 こはく様
 韓国人留学生の迷いなき「よがり声ってどういう声です?」
あはははは。こういうことってありますよね。何て応えましょうか。

かなり好みが見え見えな選歌となってしまいました。ちょっと反省。
でも、人の作品に触れるというのは「どれだけ好きか」を探す場でありたいのです。
批評はお互いにふれあえる場で、というのが、信条なのです。
一方的な言葉は、そこに棘を持つと、たちまち茨の垣根に成長する危険性を孕んでいるから。

その一方で、自作について厳しい評論を頂くのは歓迎なのです。
それもずるいのかな、とは思うのですが。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/07

春、そして恋

001~025まで、このテーマ(私なりに)で進めてみました。

001:声       
 ゆうるりとせせらぎの声春の声 祈りのようにささやく、ささやく

002:色
 禁色は煙るむらさき春霞恋に窶れて濡れた眼のいろ

003:つぼみ
 未だ固いつぼみ私のくちびるの奥に湛えた禁断の蜜

004:淡
 抱擁で抱擁だけで堕ちてゆく罠 淡雪の肌着を纏う

005:サラダ
 晩餐は甘いくちびる恋の美酒サラダボウルに薔薇を一輪

006:時
 華氏零度醒めた恋ですさようなら砂時計なら戻せるものを

007:発見
 君と会う10秒前に見た鏡キスで剥がれたルージュ発見

008:鞄
 行き先は「恋」の列車に飛び乗ろう鞄にミモザの香りを詰めて

009:眠
 物音を立てず立ち去れ過去の恋眠ったふりをしてあげるから

010:線路
 特急に消され届かぬ告白を線路を挟み「好きだ」と叫ぶ

011:都
 ビル風に羽根を喪うような恋 都会の隅に蝶の墓場を

012:メガホン
 全知なる神よ今こそメガホンで叫べ「春だ」と「いくさ止めよ」と

013:焦
 「おかえり」の挨拶がほら長すぎた焦がした鍋にブラシを当てる

014:主義
 左手に移り香残る夜でした恋は右手で掴む主義です

015:友
 あなたには指輪のサイズ内緒です恋人じゃなく友達でしょう

016:たそがれ
 情熱の国のおんなを演じますたそがれ色のラム飲み干して

017:陸
 五大陸無数の島々営みはひとつ愛でしょ愛だね愛だけ

018:教室
 内緒だよ、恋を叶える教室はあなたがあなたを好きになること

019:アラビア
 絢爛な衣装を裂いて月光よ包めアラビア女の裸身

020:楽
 愛液を零し黒鍵のみで弾く楽曲乱す背徳の、愛

021:うたた寝
 合い鍵を君に渡したその日からうたた寝にさえサテンのドレス

022:弓
 純潔の演技は今宵限りですアルテミスから弓取り上げて

023:うさぎ
 突き返す指輪の石を嵌め込んであなたの庭に置く雪うさぎ

024:チョコレート
 チョコレート色の下着を纏う夜「今日は灯りをつけたままで、ね」

025:泳
 情愛の泳ぎ方など知らないわシーツの海に溺れ沈んで


前半戦でここまで進んだことに多少の驚きを感じています。
そうそう。題詠マラソン2005
こちらで進行中です。素晴らしいお歌が続々投稿されています。

また、私のHPでも、
探しにくい場所に埋もれてではありますが、昨年の私の100首が掲載されています。
「うららかなだけが春とは言えぬ」から一番奥に進んだ場所です。まるで迷宮。

さて、次のテーマを据えて、頑張りますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/06

「声」

早速ですが、今まで出そろった「声」から好きな歌をいくつか・・・
もちろん、もっともっと好きなお歌はありますし、まずはここから、ということで、
また再度「声」の感想は続けるつもりです。
私ごときに批評されるのも皆様の心情的にどんなものかと思いますが、
こういう捉え方をする奴もいるんだな、と流して頂ければ幸いです。

青葉瑠璃 様
拒絶したあの人の顔浮かび消え割れたガラスの泣く声を聞く
※敢えて泣くのが「ガラス」であることに、切なさが凝縮されているように感じます。

謎彦 様
銃声が五百余名をちりぢりに奔らす西の半球もあり
※リアルな中、切なさを醸し出す、特に「西の半球」にぐっときます。

土岐友浩 様
ここからは声 ここからは三月のぺんぎんの仔がつっついた風
※なんてかわいらしい。ぺんぎんのかな表記が産毛の生えた幼さを感じさせます。

河村壽仁 様
一条の光に声たて笑ふ扉(と)あり ゲーテが最期に果てたる部屋に
※ゲーテが何とも効果的。「もっと光を!」と叫ぶ絶句が聞こえそう。

麻生智矩 様
動けない、どうか、君から近づいて。 そうして声は与えられたよ
※声が「与えられた」という寂しくも救いの場面。きっとありそうな心情に共感。

花鳥 佰様
かうかうと落ちゆく星の声ききてスペインの野に種を蒔きそむ
※場所設定が素敵。西班牙が漢字表記ならきっともっと好きだったかな。

のぶれば 様
うつむいて悔し紛れのピアニシモ今さら励ます声などいらない
※ピアニシモの声。あるいは叫べない心情。音の表現が上手。

冨樫由美子 様
くちびるで触れてみたのは言の葉を脱いだはだかの声を聴くため
※すごく共感。まるで、自作のような親近感。迷惑でしょうけれど、そんな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/05

マラソン、開始

題詠マラソン2005、3/1からスタートしていたのですが、ちょっと遅れての開始となりました。
昨年は何とか滑り込みで完走したのですが、今年はもう少し余裕を持つこと、テーマを決めてゆくことに目標を置きました。なので、順調に走ることができるときと、本当に休みながらのときと、別れると思います。
昨年はHPで自作を公開していましたが、だんだんと手狭になってきたこともあり、こうして新しく公開の場を設けた次第です。さて、どれぐらい更新していけるかな・・・というのは、私の根性に掛かっています。遅々として進まないこともあれば、時間と気分で突き進むこともあれば。

題詠マラソンというのは、100のお題を、参加者が順番に(飛ばしたり、逆行したりは駄目)詠み上げていくイベントでして、最初は「こんなに時間があるなら(3月~10月)大丈夫」と軽い気持ちで参加したのですが、甘かった。私生活はプログラムどおりには行きません。昨年は夏場に「家にいる時間」が6時間、「睡眠」は多くて4時間のハードな環境に陥り、気が付けばもうぎりぎりの状態でした。
終わってからの交流も非常に有意義で、それゆえ、今年は自分なりのルールを課して頑張ろう、という気持ちになった次第です。
まず、スタートは「春、そして恋」・・・ちょっとベタな気もしますが、これで進みます。
全体に5~6のブロックに分けて進めるつもりです。
明日あたりから、こちらにも載せていきますので、乞う、ご期待。

| | コメント (0)

トップページ | 2005年4月 »