« 過去ログ14、15 | トップページ | 過去ログ17~19 »

2005/03/15

過去ログ16

006:時 てん様
 雨戸閉ざせば夜がわたしに染みてゆく時の長さを思いつつ啼け
啼く主体が曖昧なのが逆にいいです。余韻が深い。

067:スーツ 船坂圭之介様
 風めぐるなかの孤独に耐えてわがスーツもっとも醜きかたち
073:額 船坂圭之介様
 桔梗(きっきょう)の濃ゆき薄きをかかへ来て午後の額をひとは白くす
まったく雰囲気の違う2首を選びました。どちらにも作者の匂いがするのは見事。
特に「額」の歌の「桔梗(きっきょう)」の読みが好みです。

002:色 星川郁乃様
 ふかみどりから藍色の いまきみは色環の弧に閉じ込められて
色のグラデーションが見事。また「弧」が「孤」にかかるのかな?そういう雰囲気も好き。

016:たそがれ 中村悦子様
 海の名残を埋めてたそがれる背なの貝殻骨に砂のくちづけ
砂のくちづけにやられました。ざらりとして苦いくちびる。

068:四 葛城様
 玄室の壁画に佇む四獣神 天への帰還はいつなのだろう
かなり好みのお歌が多い方です。特にこのお歌のテーマの選び方に脱帽。


今日はとっても少ないです。自作もお休み。魔の3月の多忙がやってきました。
前半頑張って走ったけれど、ここでちょいと休息といったところですか。
ログはどんどん増えるので帰宅できない勤務日以外は極力拾いたいです。

|

« 過去ログ14、15 | トップページ | 過去ログ17~19 »

コメント

はじめまして。
わたしの歌をとりあげてくださってありがとうございます。

去年ベティさんがうたわれていた
>幸運はすくんだ脚を避けてゆくワンウェイ未来へ未来へ進め 

は今も記憶に残っております。

ことしのお歌、楽しみにしております。

ちなみにわたしはユキグニがすきです。

完走されたら、感想書かせて書かせてくださいね。

投稿: 中村悦子 | 2005/03/23 00:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89457/3313887

この記事へのトラックバック一覧です: 過去ログ16:

« 過去ログ14、15 | トップページ | 過去ログ17~19 »