« 「声」 | トップページ | お気に入り~過去ログ4、5~ »

2005/03/07

春、そして恋

001~025まで、このテーマ(私なりに)で進めてみました。

001:声       
 ゆうるりとせせらぎの声春の声 祈りのようにささやく、ささやく

002:色
 禁色は煙るむらさき春霞恋に窶れて濡れた眼のいろ

003:つぼみ
 未だ固いつぼみ私のくちびるの奥に湛えた禁断の蜜

004:淡
 抱擁で抱擁だけで堕ちてゆく罠 淡雪の肌着を纏う

005:サラダ
 晩餐は甘いくちびる恋の美酒サラダボウルに薔薇を一輪

006:時
 華氏零度醒めた恋ですさようなら砂時計なら戻せるものを

007:発見
 君と会う10秒前に見た鏡キスで剥がれたルージュ発見

008:鞄
 行き先は「恋」の列車に飛び乗ろう鞄にミモザの香りを詰めて

009:眠
 物音を立てず立ち去れ過去の恋眠ったふりをしてあげるから

010:線路
 特急に消され届かぬ告白を線路を挟み「好きだ」と叫ぶ

011:都
 ビル風に羽根を喪うような恋 都会の隅に蝶の墓場を

012:メガホン
 全知なる神よ今こそメガホンで叫べ「春だ」と「いくさ止めよ」と

013:焦
 「おかえり」の挨拶がほら長すぎた焦がした鍋にブラシを当てる

014:主義
 左手に移り香残る夜でした恋は右手で掴む主義です

015:友
 あなたには指輪のサイズ内緒です恋人じゃなく友達でしょう

016:たそがれ
 情熱の国のおんなを演じますたそがれ色のラム飲み干して

017:陸
 五大陸無数の島々営みはひとつ愛でしょ愛だね愛だけ

018:教室
 内緒だよ、恋を叶える教室はあなたがあなたを好きになること

019:アラビア
 絢爛な衣装を裂いて月光よ包めアラビア女の裸身

020:楽
 愛液を零し黒鍵のみで弾く楽曲乱す背徳の、愛

021:うたた寝
 合い鍵を君に渡したその日からうたた寝にさえサテンのドレス

022:弓
 純潔の演技は今宵限りですアルテミスから弓取り上げて

023:うさぎ
 突き返す指輪の石を嵌め込んであなたの庭に置く雪うさぎ

024:チョコレート
 チョコレート色の下着を纏う夜「今日は灯りをつけたままで、ね」

025:泳
 情愛の泳ぎ方など知らないわシーツの海に溺れ沈んで


前半戦でここまで進んだことに多少の驚きを感じています。
そうそう。題詠マラソン2005
こちらで進行中です。素晴らしいお歌が続々投稿されています。

また、私のHPでも、
探しにくい場所に埋もれてではありますが、昨年の私の100首が掲載されています。
「うららかなだけが春とは言えぬ」から一番奥に進んだ場所です。まるで迷宮。

さて、次のテーマを据えて、頑張りますか。

|

« 「声」 | トップページ | お気に入り~過去ログ4、5~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89457/3212804

この記事へのトラックバック一覧です: 春、そして恋:

« 「声」 | トップページ | お気に入り~過去ログ4、5~ »