« 春、そして恋 | トップページ | 過去ログ 6 »

2005/03/08

お気に入り~過去ログ4、5~

さてさて。自作は35まで進みました。26~35の10首は、非常に重いテーマですが
「死神の歌」とでもしておきましょうか。
情熱的、官能的、そういうのも好きですが、ちょっと躊躇うような重たいものを
10首並べてみました。中にはさほど消化不良を起こさない「死」もありますが
逆に「何だこれは!」と物議を醸しそうなものも含まれております。

今日は過去ログ4と5から、私のお気に入りをいくつか拾わせて頂きました。
最初「声」から順番に、と思ったのですが、速度が皆さん違っていますし、
そうなると後半好きなお歌が出てきたとき拾いにくいかな、と。

*******************************
003:つぼみ 武田ますみ様
 少しだけ暖かいような気がします。夜の菜の花のつぼみのあたり
全体に字余りなのですが、ふと心に引っかかったお歌。「夜の菜の花」
「菜の花のつぼみ」そして少しだけ暖かい。朧月夜をBGMに堪能したい一首でした。

003:つぼみ 谷口純子様
 つぼみちゃん恋子ちゃん夢ちゃんが待合室で爪をとぎおり
これもどちらかといえば破調ですが、猫の名前なのでしょう。敢えて言葉を足さず
3匹並んだしっぽが見えてきそうなほのぼの感が好きです。

011:都 谷口純子様
 京都の猫は語尾にぇをつけて鳴きますぇほんとどすぇ
本当ですか~~~
思い切り破調なのですが、素通りできない引力があります。

ここからログは5に移行します。

009:眠 船坂圭之介様
 薔薇の香を遠く措き闇静もればわが過去未来閉じて眠らな
010:線路 船坂圭之介様
 業(ごう)ならば耐ゆべし冬の真夜嵐線路は遠く闇へ延び行く
2首続けて拾わせて頂きました。言葉の選び方が、私の好むポイントそのもので
仄かな陰を感じさせる構成も好きです。これは好みの問題ですね。

002:色 落合葉様
 マムの花マリーゴールドドレミのミあの夏の日のほほえみの色
マリーゴールドはまさに夏の笑顔のよう。言葉のリズムの良さも魅力。
何と言っても「マムの花」という滑り出しが、「おやっ」と目を引きます。
これだけ数が出そろうと詠み始めのインパクトは大事ですね。

002:色 岩井聡様
 「色をなす」とは何色に染まることリリアン・ギッシュの恋は破れて
具体名を持ってくるときは、本当に歌全体の流れを慎重に見極めないと難しいです。
人選の巧さに惹かれました。

033:魚 宮まり様
 海を泳ぐ魚のように鳥が舞う 犬の散歩に出掛けようかな
快晴の見事な表現。どこにも天気のことは書かれていないのに、真っ青な空と
気持ちいい春風が吹いてきそう。

006:時 船坂圭之介様
 掌の上に屯(たむろ)する”時”しろがねの月のしずくのごとき憂鬱
順番が逆転していますが、また拾ってしまいました。
すいません。ファンになっちゃいました。

003:つぼみ 愛観様
 つぼみにもならない想い咲き終わり泣いてる人を羨んでいる
004:淡 愛観様
 灰色のコートの肩に淡雪が触れて溶けてくまでの抱擁
すいません。また2首連で拾いました。好みがはっきりばれています。
壊れそうな恋だとか、どこか翳りのある情景だとか、好きなんです。

002:色 船坂圭之介様
 将ににいま枯れなむとすも薔薇は薔薇失はずその色と香と綾
すいません・・・本当に、本当に、好きなんです。
ただ、書き出しはわざとですか?「まさに」の部分。

001:声 こはく様
 韓国人留学生の迷いなき「よがり声ってどういう声です?」
あはははは。こういうことってありますよね。何て応えましょうか。

かなり好みが見え見えな選歌となってしまいました。ちょっと反省。
でも、人の作品に触れるというのは「どれだけ好きか」を探す場でありたいのです。
批評はお互いにふれあえる場で、というのが、信条なのです。
一方的な言葉は、そこに棘を持つと、たちまち茨の垣根に成長する危険性を孕んでいるから。

その一方で、自作について厳しい評論を頂くのは歓迎なのです。
それもずるいのかな、とは思うのですが。


|

« 春、そして恋 | トップページ | 過去ログ 6 »

コメント

お初です。
やっと完走して、今からゆっくり拙作にたいする反応を見ようとあちこち漁っているところです。
あなたからの選評を見せて頂いて、嬉しくなってこれはお礼を書かなくちゃ と寄らせていただきました。
過分のご評価恐縮です。
”うた”とは不思議なもので、なにがなし琴線にに触れる(良い悪いは別にして)と堪らなく好きになるものです。丁度”恋”のように。
マラソン頑張って下さい。伴走しながら又覗いてみます。

投稿: 船坂圭之介 | 2005/03/11 22:48

はじめまして!
ホントに私も嬉しいです。
真っ青な空と気持ちいい春風を感じてくださって
照れちゃいますが...ありがとうございました。
☆ご完走☆おめでとうございます^^。

投稿: 宮 まり | 2005/05/24 00:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89457/3225818

この記事へのトラックバック一覧です: お気に入り~過去ログ4、5~:

« 春、そして恋 | トップページ | 過去ログ 6 »