« 過去ログ50 | トップページ | 過去ログ52 »

2005/04/18

過去ログ51

053:髪 丹羽まゆみ様
 奪うならすべてを奪え絶え間なく髪を立たせる逆境の風
凄いなあ、ここまで覚悟を決められたなら逆境なんか怖くない。
自分に檄を飛ばすような気持ちで選ばせて頂きました。

078:携帯 林義子様
 席に座す八人の中の六人が携帯打ちてる夕べの車内
具体的な数の置き方が絶妙。もっと多くても少なくてもリアリティに欠けそうで
この数だからこそ車内の様子や、携帯電話はご遠慮下さい・・・の虚しさや、
そういうものが鮮烈に脳裏に蘇るのです。
地下鉄のない街に住んで3年を経過、懐かしくも人間的な風景。

030:橋 茶琥チヤ子様
 ゆふぐれを異国の船は行き交ひぬ青が降りゆく明石大橋
具体的な場所設定が「青が降りゆく」「異国の船」総てを際だたせる。
私の居住地付近の地名は出しても「なにそれ」と言われそうなのが多いですが
こうやって効果的な例もあるのだ、と素晴らしいお手本を示して頂きました。
例えば「虎杖浜」なんて、ここいらの人にしか通じない地名を出し玉砕したので。

034:背中 伊波虎英様
 磔さるる運命(さだめ)の背中(せな)にくちびるをひそと押しあて泣く女はも
これの次もぐっと惹かれましたが、キリスト教は何故か短歌に嵌ります。
同じマリアでもマグダラのマリアを愛する私にとって、背中にキスする様は、
聖母よりそちらを、後ろめたさの中の救済を、彷彿とさせるのです。

057:制服 遥悠(天晴娘々)様
 制服で匿つてゐた微熱 この国には標準時刻があつて
069:花束 遥悠(天晴娘々) 様
 花束は白、マルボロとスコッチと 子猫の声でいまもなけます
うわ、もったいない!このログで吐き出されてしまったら、選び抜くしかない。
ばらけていたらもっともっと拾いたいお歌がたくさんありました。
まず制服ですが、不可思議な流れが絶妙。現実味のあるファンタジーのよう。
そしてこっちのほうがより惹かれましたのが「花束」固有名詞のなんと効果的なことか。
もっともっと別の場でもお歌を拝読させて頂きたいと感じました。
スコッチならば、こちらはいかが?僭越ながら返歌など・・・稀なことですが。
 幾多なる追想なみだ宝石にキングスバレーは君の色彩
このカクテル、美しい翡翠色。そしてスコットランドの王家の渓をイメージした
強くも味わい深い逸品です。佳いバーに巡り会えたら(種類の少ない店にはない)
是非ご賞味頂きたいですね。もちろんベースは「お好みの」スコッチを指名して。
気の利いたバーテンさんなら、快諾してくださるでしょう。

024:チョコレート 五十嵐きよみ様
 チョコレートまみれの指で恋人の背をなぞるには爪がちいさい
ものすごく奥の深いお歌だと思います。小さいのは爪なのか、それとも恋人の背中が
それだけ大きく温かいのか。チョコレートは甘さの暗喩なのか、ホンモノなのか。
読めば読むほど味の出る素敵なお歌です。脱帽。
もしかしたらブラウンのネイルを塗ってバレンタインに睦まじく過ごし
でも家事なんかで長い爪は確保できなくて・・・深く深く、どこまでも、
私の中で物語ができてゆくのです。こういう奥深さ、大好きです。


今日は少な目の選歌ですが、理由は遥悠(天晴娘々) 様のお歌が洪水のように溢れ
その中で「これこそが・・・」というのを絞って絞って絞り抜いたからです。
だんだんログにも追いついてきました。私もまた多忙を迎える前に
1日2~3首でいいから走ります。

|

« 過去ログ50 | トップページ | 過去ログ52 »

コメント

ごめんなさい。貴方への歌評を十七日のコメントへ載せてしまいました。また、まだ続き分が在りますが、明日にでも続けます。   Kei

投稿: Kei | 2005/04/18 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89457/3758314

この記事へのトラックバック一覧です: 過去ログ51:

« 過去ログ50 | トップページ | 過去ログ52 »