« 過去ログ52 | トップページ | 過去ログ54 »

2005/04/21

過去ログ53

004:淡 篠原となみ様
 三月に煙幕を張ることにする君の煙草の淡いけむりで
このログからですね。どれもいいけど、これが一押し。けむりが併走していて
スモーキーな感情を包み込んでいる感じが素敵。

052:螺旋 樹里様
 新色の春の螺旋を描き居れば我の肌にも魔物降るるや
女なら、誰でもこういう感情を一度は抱くのではないかしら。
一瞬自分が魔性になったかのような感覚。共感します。

026:蜘蛛 みあ様
 廃墟には時間を食べる蜘蛛がおり柱の創は十三歳(じゅうさん)のまま
うまい!蜘蛛でこう持ってきたか~と感心。ルビ抜きでただ「十三」だけでも成立しますが
廃墟が廃墟になる以前の時間設定としては絶妙なところです。

031:盗 里坂季夜様
 盗まれた希望のあった場所にいる灰色が言う ソコヲウゴクナ
なんか、こういう物語ありましたね。結句のカタカナがいい。

082:罠 鈴木貴彰様
 鉄罠を引きずり猪はくらやみに青き火花を咲かせてゆきぬ
猪=「しし」にルビがあったら、これほど佳くない。このストレートさがいい。
拳銃も酒も女もないハードボイルドな感覚。脱帽です。
088:食 鈴木貴彰様
 生肉を専ら食するくちびるの乾きを癒すおまえの肌に
2首目。もう、勘弁してください。短歌に「ハードボイルド」というジャンルがあるとしたら
鈴木様が第一人者になりそうです。

096:留守 ハナ様
 居留守だと解ってました カラス鳴く うるさいみんなうるさいわたしも
このログからは2首頂きました。かわいらしいストーカー娘。
実話なら相手に言わせれば「冗談じゃない!」かもしれないけれど、
ここから次に採らせて頂いたお歌までの間にちゃんと心の整理がついています。
連作ものとして優秀なので区切るのはもったいない感じ。
歌集の中の1章として連続して味わいたいです。
099:動 ハナ様
 動物として啼きましたこれでもう最後の野性びいるがにがい
にがいびいるが効いています。平仮名なところが可愛い。
「麦酒が苦い」では台無しの感が強く、文字の使い分けがお上手だと思います。

054:靴下 こはく様
 無意識に継ぐ慎ましさ靴下を履くとき人は頭を垂れる
言われてみればあたりまえなのですが、それを「慎ましさ」とするところに
日常を斬新に切り取る力を感じました。
確かに靴下を履くときは、絶対うつむきます。
かといってパンティではいまいち「慎ましさ」に欠けますし
ここはベストな選択肢でしょう。

昨夜はどうしても、なにもできませんでした。帰宅遅かったし~
我が家のお嬢様(しっぽ付)が遊びたがっています。
一番好きな玩具は「私の伝線したストッキング」です・・・
少しだけでも走って寝ようかな。
どうせ、まだ寝付かないのははっきりしてますしね。

|

« 過去ログ52 | トップページ | 過去ログ54 »

コメント

こんばんわ
十七日のコメントへ歌評を入れて置きました。
残り二十首ほど、揃ったたらまた書きましょう。
お粗末な評でご免なさいネ       kei

投稿: kei | 2005/04/22 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89457/3801711

この記事へのトラックバック一覧です: 過去ログ53:

« 過去ログ52 | トップページ | 過去ログ54 »