« 過去ログ75 | トップページ | 儚く散るもの/捨て台詞 »

2005/06/20

過去ログ76

095:翼 ピッピ様
 翼なら子宮の中に置いてきた 痛みを知れば飛べると思った
翼で飛びたいお歌はかなり多いのですが、この「子宮の中に置いてきた」と
続く「痛み」にどきり。生々しくも斬新な観点だと思います。

042:官僚 里坂季夜様
 官僚になりきれなかった友の弾くブルーズ 氷は溶けて真夜中
このお題ときたら、これでもか、ってぐらい官僚こてんぱんなのですが、
こんなに切なく優しいお歌ができるなんて。特に後半大好きです。
時間の経過を氷の溶け具合でもってくるところが佳い。

077:櫛  落合朱美様
 髪を梳くしぐさに魅入るおぼろ月櫛に絡まるひとすじの妙
和風かつ美しい、梳る女。この髪は是非黒髪であってほしい。
私みたいなよくわからない髪色は、だめです。梳るにはつやのある美しい髪。
和風の挿絵のカレンダーにでもしたいですね。
短歌入り、12枚めくりで出しませんか?12人集めて。

014:主義 兵庫ユカ様
 ちらちらと見え隠れする「主義」という趣味 武装しているだけのひと
軽々しい「主義」を痛快に嘲笑する、気分のいい詠みっぷりです。
「主義」が「趣味」であり、そんな主義は「武装しているだけ」恰好良い。


043:馬 三宅やよい様
 パドックをめぐる鋼の馬達を螺旋に繋ぐ無冠の系譜
049:ワイン 三宅やよい様
 重馬場の飛沫を浴びる騎手ならむ薔薇とワインをこぼす夕暮れ
いいものみ~つけた♪というわけで並べてみました。馬、好きです。
勝つ馬も好きですがGに出られない馬でもうんと好きな馬がいます。
今ならイエローパピヨンなど、名前だけで応援していますね。
まず「馬」のお歌ですが、サラブレッドの過酷な世界をよく表しています。
血統がものをいうとはいえ、全て名馬かというとそうはいかない。
姉:ダンスパートナー、兄:ダンスインザダークの麗しきダンス兄弟で
高値だったのに名を残さず終わった仔馬もいましたし・・・
逆に繁殖牝馬などは、現役時代せいぜいGⅢどまりで気性のいい馬が
優れた仔馬を残すこともありますね。
「ワイン」では一転、情緒的で躍動的で美しい世界です。
2首見つけて「しめしめ」と思いました。おいしい。

072:インク 青野ことり様
 硝子軸のつけペンみづいろのインク 涙の染みのよぢれもどらず
道具立てがいいですね。ひとつひとつにこだわりが感じられます。
色彩もブルーのグラデーションで統一されて美しい。

033:魚 林 ゆみ様
 ひたひたと山椒魚が這いまわる感覚だけの望まぬ愛撫
いや、やめよう。同じ女として。そんな男とベッドに入りたくないわ。
やめたくても現実論として無理な場合(結婚してたり)は困るけど
アロマバスに避難して、2時間ほどたてこもって、山椒魚を追い出しましょう。

021:うたた寝 佐原みつる様
 老犬のひかりの中のうたた寝に吸い寄せられる手のひらに春
うちのは若犬だけど、わかります。うたた寝している犬は何ともいとおしく
日だまりの匂いがして、触れたくなるのです。その温かさはまさに春。


今日は豊作でした。このログ、よかったです。
でも、まだ私、ここでもいるんだ・・・
自分が出てくるのもあと少しです。もうすぐ消えるでしょう。
ラストに犬のお歌を採らせて頂きましたが、実は私長いこと愛猫家
飼うならロシアンブルーと決めていたのですが
あるいきさつで、繁殖の知識がないまま生まれて相当育った
ミニチュアダックスの子犬を飼うことになりました。
彼はディータと名付け、1週間うちの子として過ごしたあと
家族の居るちゃんとした家に、望まれてお引っ越ししました。
人気犬種ゆえの人間の罪。でも元気そうだったし、
今も元気にしているようなので、ディータは大丈夫でしょう。
うちに迎えたとき、7~8ヶ月だったと思います。

その後寂しくて、別の犬を探し、今の子がうちの子になりました。
飼ってみると犬も可愛いのです。性格は猫に似ていました。
勝手気ままで、人をからかうのが大好きな愛犬。
私みたいな猫型人間が犬を飼っていることでよく驚かれますが
なんのことはない、猫型人間と猫型犬の共同生活です。

今日のお酒は「気の抜けたビール」でした。ぶーぶー。
しかし、ビール苦手な私には飲みやすいのですよん
炭酸と苦みの相乗効果が消え、くくく~っと飲めます。本当に。
あけたまま、一晩冷蔵庫で冷やすだけです。
これは、夏にいいかもしれない!

|

« 過去ログ75 | トップページ | 儚く散るもの/捨て台詞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89457/4627319

この記事へのトラックバック一覧です: 過去ログ76:

» サラブレッド [馬馬辞典]
サラブレッド サラブレッド(Thoroughbred)は、18世紀にイギリスでアラブ種|アラブ馬から競走用に品種改良された軽種馬である。現在も、競馬で勝つことのみを目的とし、日々交配と淘汰とが繰り返されており、人の創り出した最高の芸術品とも呼ばれている。体高は160cmほど、体重は450〜500k...... [続きを読む]

受信: 2005/07/04 00:30

« 過去ログ75 | トップページ | 儚く散るもの/捨て台詞 »