« 過去ログ81 | トップページ | オマージュ »

2005/07/09

過去ログ82

013:焦 中川佳南様
 無視という無言の雨よもっと降れ焦らず我は花を咲かせる
「無言の雨よ~」からのくだりがすごく好きです。もったいないのが「無視」と
「無言」が近いので、字の持つインパクトが薄まってしまうのね。私なら
どうするかなと考えたら、「無視という寡黙な雨よ~」ってします。きっと。
もちろん、無の繰り返しを狙って詠まれたかもしれませんし、
あくまで私の勝手な感想として流してくださいね。
009:眠 中川佳南様
 愛消えた男が側で眠ってる我は孤独を愉しんでいる
同じ方のお歌、2つめ。なんか似てるなあ、私に。本当に。
この歌なんて、自分で詠んだかな、と思いましたもの。
どのあたりが、というと、愛情がない状態を孤独として、
相手が側にいるのに修復しようとせず愉しんでいるのが似てますわ。
気を悪くなされませんように・・・ほんと、あくまで私の主観なので。

005:サラダ 実上祐子様
 さみどりのサラダほおばる夏の朝 山羊だった頃の自分に還る
サラダのお題で選んだお歌、自分でも少ないと思うのですが(難しかったし)
これは佳いです。「山羊だった頃の自分」がいいです。

023:うさぎ ケビン・スタイン様
 いつもそう 悲しい夜に思いだすあの夏飼ったうさぎの重さ
これ、涙が出そうです。きっと私もあと15年ぐらいしたら、抱いた犬の重さを
悲しいときに思い出すようになるのだから・・・そう思うと、もっと抱きたくて
つい愛犬を抱きかかえてしまいました。暑っ!

060:影 如月初香様
 灯のしたにうみおとされた仔猫もう影持ちひとりの命はじめる
「影持ちひとりの命」って、素晴らしい響きを持つ言葉ですね。いつまでも
この部分、憶えておこう。そう、いのちを授かったものは生きるとき、
自分だけの影を持つんだもの。いいなあ。ほんと。

056:松 五十嵐きよみ様
 だとしても下車する理由はあいまいな井の頭線東松原
発句がまず、緻密に計算されていますね。それまでの物語を、勝手に膨らませて
気付いたら本当に半端なときに駅にいそう。東松原の地理などはわかりません。
それでも、流れの中の実在小道具として、効果的です。

084:林 M.東矢様
 幾たびも放物線の半らよりあなたへ返る林檎まばゆし
放物線を描くのが林檎であるところに、独特の世界を感じます。
薔薇や花束じゃあ出せないし、ボールやハートでもいけない。
林檎ならではの味が出ています。
085:胸騒ぎ M.東矢様
 ラフマニノフVocaliseのCD見当たらず胸騒ぎして水無月の雨
はい、2つめ。これの一番好き!と思ったのは、いちいちルビを用意せず
流れを区切る障害物をはさんでいないことです。「水無月の雨」まで、
一気に詠みたいですもの。(ルビ)があると魅力半減しちゃう。

041:迷 茶琥チヤ子様
 遠吠えは風に紛れし負け犬は泣かず憎まず悔やまず迷ふ
負け犬は「迷う」という優しい目線。「泣かない」「憎まない」「悔やまない」
でも迷うの。そこがいいの。私も迷い迷いの人生です。

093:ナイフ 落合朱美様
 ついさっきナイフは海に捨ててきたもっと強く生きていくため
いいですね。前向きな強さを感じます。言葉に甘さが一切無く、きっぱりした
決心の強さを表現しきっていると思います。

077:櫛 織田香寿子様
 草刈りて蒸れし帽とる一陣の髪を梳きゆく櫛となる風
あ、これはわかります。帽子を脱ぐと、すーっとするの。まさに微風ですら、
櫛のように感じられる。季節感もあり、日常の場面でありながら瑞々しく
本当にお題の使い方がお上手だと思いました。


今日は多めですね。このログ良かったです。
他にも「ちょい好みだな」っていうのは、たくさんありました。
今日健康診断で、採血されました。
その後具合悪くして、ローズのインセンス1本ぶんの時間を頂き
リラクゼーション部屋(に私が改造してしまった、通称ジャスミン部屋)で
15分ほど横になったら回復しました。さすがローズとジャスミンの効果。
あまりの復活の早さに周囲がびーっくり。
でもね、でもね、私仕事をさぼるのとか、責任感ないのって
どうしても我慢ならないのよ。
休んだ分だけ
他の人の仕事を引き受けちゃんと働きました。
病気とかね、いろいろ理由はあるのよね。
でも、「どうしても休んで治療に行く時間をとられる」病気と
「休んだりさぼる理由になる」病気って別でしょう。
そして、病気で仕事を休んだら絶対遊びに出るのは御法度

私自身、入院生活を送ったことは、あります。
だけど、仕事に戻ってから、それを理由にさぼったり、
入院~自宅療養の中で、遊びに出掛けたのは1ヶ月で1日だけ。
そのときは「もうすぐ復職できるから気晴らしに」と、
退院後世話になった実家で、両親と映画だけ見に行ったの。
あとは、病院から抜け出して(外出許可を書きボディーチェックされる。
で、「生理用品なんです」といって中身を見せた鞄の底板を抜いて
煙草と少額のお金を隠していたのだった)
近くの喫茶店でコーヒーを飲むことだけが愉しみでした。

すっかり元気な(治ったのかは知らない。きっと治ってない)今
ちゃんと普通に出勤し、仕事をこなし、家事をしてます。
社会復帰するということは、こういうことです。
だから、15分でも、さぼってごめんなさい。
すごく楽になり貧血も良くなりました。気遣いありがとう。

|

« 過去ログ81 | トップページ | オマージュ »

コメント

Bettyさん、題マラのご感想ありがとうございます!
013の歌は、無の繰り返しを狙ってつくりましたが、
歌柄としては「寡黙な~」のほうがいいですね。
改作案、いただいてもよいですか?

009は、ホントにBettyさんのおっしゃる通りで…(笑)。
>愛情がない状態を孤独として、相手が側にいるのに修復しようとせず愉しんでいる

私という女の本性を射抜かれた気分です(笑)。

投稿: 中川佳南 | 2005/08/17 04:54

中川様、ご来店ありがとうございます。
改作案、お気に障らず幸いです。よろしければお持ち下さい。
中にはテイストの似通った歌人様が相当数発見でき、
本当に愉しませて頂いています。
今後とも宜しくお願い致します。

投稿: ベティ | 2005/08/18 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89457/4885584

この記事へのトラックバック一覧です: 過去ログ82:

« 過去ログ81 | トップページ | オマージュ »