« 過去ログ83 | トップページ | そして、奔放に »

2005/07/13

短歌バトン?

kei様から本店にこんなバトンが回ってきました。
で、私、誰に回しましょ~


黒田康之氏より、下記のごとくトラバが来ました。ほかへ回せと言う事で、
あなたへ、またご存知の誰かへどうぞ。

①短歌を始めた動機
②好きな歌人
③好きな歌
④あなたにとって短歌とは

以下、kei様のコメント原文ママ。

私如きものにトラバして頂き、恐縮です。
早速ご返答申し上げます。
①短歌を始めたきっかけは、中学(旧制)時代、宿題に出された短歌を褒められて舞い上がったのが始まりでした。
②好きな歌人は、枚挙に暇が有りませんが、今強いて挙げるなら、やっぱり塚本邦雄(惜しくも故人たなられましたが)
③好きな歌、これまた選ぶのに困るくらい多いのですが、私の睡眠薬的な歌
 *毒の香焚きてしずかに眠らばや小甕の花の崩るる夕べ(柳原白蓮)

中学生時代、「麗人」という白蓮の伝記映画で見た、原 節子の扮する白蓮の、それはそれは美しかった姿に被せて、この歌がナレーションで流れたのが今でも耳に残っています。
眠れない時、それを思いながらこの歌を口ずさむと自然に眠れます。
④私にとって短歌は、生甲斐以外の何物でもありません

で、私の番というわけでした。
止めるのも別に構わないということのようですが、
題詠走っていたとき、いっぱい採り上げて下さった

那賀神 哲様
に、バトンを回そうと思います。(勝手にごめんなさい)
ただ、トラバしたことないので、大丈夫か不安は残ります。
あと、ざっと拝読して他の方からバトン回っていない方に・・・と思っています。

以下、私の回答。

①短歌を始めた動機
 なんとなく、自分でもできるかなあ、と思ったから。31文字だし、
 サラダ記念日が出た後のことで、普通に(難しい言葉抜きでも)
 できそうだったんで、当時はノートに書いたりしてましたね。

②好きな歌人
 与謝野晶子です(笑)
 まだまだあの燃え立つような勢いはないのですが。
 あと、中城ふみ子・・・

③好きな歌
 ダントツ1位。
 嗚呼五月仏蘭西の野は火の色す君も小罌粟我も小罌粟 与謝野晶子
 ただし今手元に歌集がありません(実家に置いてきてしまった)。なので
 文字遣いに間違いがある可能性がおおいにあります。
 次点以下は、誤字だらけで恥さらしになりそうなので後日追記します。
 ごめんなさい。

④あなたにとって短歌とは
 今では、時間、場所を選ばない良い趣味です。生き甲斐とまで言い切ると
 少々私には大袈裟なので「おおいなる息抜き」としておきますね。

どうでしょ、うまくいきますかしら・・・
哲さん、初めて~の実験台にしちゃってごめんなさいぃ~

あと、ですね。
どうも好きな短歌は「3首」が原文のようなのです。
他のブログなど拝読していたら、けっこうそうなっていました。
私は歌集が現在実家にあるので、とりあえずダントツの1首だけで
続きは週明けにまたアップし直します。


|

« 過去ログ83 | トップページ | そして、奔放に »

コメント

先ず素敵な歌有難う。ホントに心から喜んでいます。(だってだ~れもなんのコメントも呉れないんだモン

 お礼に貴女の抜けた首元に熱い心を込めてチュツ。
冗談冗談。お許しあれ。


 熱帯夜 浴衣の襟を抜いてみる 祝言代わり湯の香召しませ

 この歌、大事に大事に仕舞っておきますから。

bettyさんへ           keiより

投稿: kei | 2005/07/13 22:29

Bettyさん
ごぶさたしています。
ぼくごときのところにも短歌バトンが渡ってきましたので、TBさせていただきました。

投稿: 謎野 | 2005/07/14 18:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89457/4956815

この記事へのトラックバック一覧です: 短歌バトン?:

» 050713 短歌バトンが… [雪の朝ぼくは突然歌いたくなった]
 ネット上で、いろいろな分野のバトンが流行っているようです。  とうとうぼくのようなド素人のところにも、短歌バトンが回ってきました。  最初は仁村瑞紀さんからメールで。  ちょうど切羽詰った仕事に追われていたので、ご遠慮しました。  今度はブログに林ゆみさんから回ってきました。  急ぎでなければということで、今度はOKしてしまいました。  仁村さん、お許しください。 □短歌をはじめたきっか... [続きを読む]

受信: 2005/07/14 18:19

« 過去ログ83 | トップページ | そして、奔放に »