« 過去ログ89 | トップページ | 過去ログ91 »

2005/08/14

過去ログ90

077:櫛 ジテンふみお様
 安宿の洗面台で櫛の歯をはじいて爪の不揃いを知る
いかにも寂れた安いビジネスホテル。洗面台も、やっと顔が映る小ささで。
このうらぶれ感がたまらない魅力です。

069:花束 五十嵐きよみ様
 ヒロインの名前に使われそうもない花ばかり選り花束にする
かすみ、ゆり、さくら(これは花束にならないか)、らん・・・
確かに豪華なイメージではありますが、これらのない花束も素敵です。
個人的には青と白の竜胆に、アクセントで黄のフリージアかカラーを。

048:袖 中瀬真典様
 君の庭に見たり半袖より出でし白き腕(かひな)と君の子供を
叶わなかった恋の行方、ですね。見えたのが首筋でなく腕なのが、
いっそう淡い恋心を彷彿とさせ素敵です。

004:淡 文屋 亮様
 あの淡い嫌悪の感じ隠せずにふたり眺める夕日すさまじ
結句が良い。嫌悪は淡いのに、きっと真っ赤な、燃えるようないろ。

012:メガホン 星川郁乃様
 メガホンはそっとおろして聴きあてるあなたのなかにほそく鳴るA
結句が不思議とマッチして。Aが鳴るって不思議な言葉ですよね。

020:楽 星川郁乃様
 楽園は追われてもいいときどきは疲れてもいい 眉を描き足す
2つめ。結句がいい作者様だと思います。一文字開けて「眉を描き足す」が
きりりとした、前向きな表情を思わせます。

043:馬 飛鳥川いるか様
 願ひごとより恨みごとれんれんと絵馬に書きをり春のゆふぐれ
恨みごとながら「れんれんと」が「恋々」を思わせて素敵。きっと
意識的に掛けているのでしょう。

025:泳 水須ゆき子様
 泳げないひとが指差す澪の黒 月に喚ばれて大潮が来る
澪がいいですね。他の言葉だともっと印象が弱いから。

054:靴下 田丸まひる様
 膝上にうすく残った靴下の跡なぞられる梅雨が明けない
オーバーニーソックスで作者様の年代から服装の趣味まで見えてくる。
そんな中で「梅雨が明けない」が効果的です。現代っ子でも、
同じ憂鬱を共有できるんだ、という新鮮な悦び。

089:巻 望月暢孝様
 巻いていた髪を下ろしてまた巻いてお鍋を焦がすその髪の色に
これはもう、色っぽいですね、完璧に。巻き髪を何度も下ろしたり巻いたりするの。
それだけでドキドキしますよ。で、鍋焦がしちゃって。飴色になったあたりが
ちょうどこの色っぽい髪にマッチするのではないでしょうか。

092:届  望月暢孝様
 あまりにも遠く届かぬものを恋えば湯上りの裸身 手を空に挙げる
これも色っぽい。この方のお歌は、骨っぽい色気がして大好きです。
今回は2首の選歌でしたが、もっと読ませて頂きたいですね。


今日は少し、多めにとれました。優秀優秀。
いろいろすることがある筈なのに、とってもうまういきません。
もうこんな時間か・・・

|

« 過去ログ89 | トップページ | 過去ログ91 »

コメント

同病相哀れむ

コメント見ました。ここに悪い見本が居ります。無症状だったしDoctorの言う事聴いて、しっかり治療を受けて下さい。
多分、かなりの食事制限を言われると思うけど、これが一番
大事ですから、ゆるがせにしないように。
どせ短期決戦と言うわけにはいかぬから、慌てず、騒がず、しっかり腰を据えて、気長に行きましょう。
 同士が一人増えて、心強く思います。また覗きに来ます。Kei

投稿: kei | 2005/08/15 19:06

ベティ 様
コメントを頂きました。ありがとうございます。
作者が全く意図していないところを、ずばずばっと
言われて、ベティさんの多様な見方に感心しました。
考えてみれば、誰もが同じように感じる歌は面白くない
とも言えるので、ありがたかったです。

投稿: 望月暢孝 | 2005/08/20 11:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89457/5471209

この記事へのトラックバック一覧です: 過去ログ90:

» 残暑お見舞い申し上げます [     Popん?TANKA]
今年は、夏ばてしております。 でも、今日(昨日)は、海へ行ってまいりましたよ。 で、そこで撮った画像に言葉を載せてみました。 まだまだ、暑いですけれど乗り切ってくださいませね。 もう少し涼しくなったら、またあちこち顔を出したい... [続きを読む]

受信: 2005/08/15 00:15

« 過去ログ89 | トップページ | 過去ログ91 »