« やーん、もう! | トップページ | お疲れさまでした♪ »

2005/10/26

過去ログ111~114

111より

094:進 もりたともこ様
 火に耐えて氷に耐えて進化した過去は語らず豊かなる海
特に前半が好きです。これがあって、過去は語らず、が活きるから。


112より

089:巻 住職(jusyoku)様

 巻き戻せない過去。言い過ぎたのは僕?もう今は君しか知らない。
いつも、この句読点遣いの巧さに惹かれます。結句が一気に心情を吐露する。
ほんの少しの後悔と、切なさと、取り戻せない恋人と。

092:届 水須ゆき子様
 届かない手紙のように死の精となりしジゼルが伏せる眼差し
ジゼル、いいですね。固有名詞の持ってきかたが抜群です。短歌として、
共感できる名詞を探すのは、実は難しかったりして。
ぽっぽさんのお歌は生活臭漂うものが多い中、こういうのも新鮮でいい。
技量の確かさと完成の豊かさを思わせます。

049:ワイン 駿河さく様
 飲みかけのワインを舐める本当に帰りたいならどうぞ帰って
啜るんじゃなくて舐めるのがいい。ちょっとふてったような表情とか、
もう特に未練のなさそうな雰囲気とか、気怠そうな仕草とか、全部浮かぶ。


113より

099:動 萱野芙蓉様
 裸婦像の動かぬ指が波だてる沼、哀しまぬ緑衣のわたし
これは、勝手な想像ではありますが、グリーンスリーブスが土台かな、と。
哀しまぬ、にすごくマッチします。裸婦像との対比も素敵。

041:迷 白辺いづみ様
 キスの時どちらに傾くのか迷う 夏はセミの音ばかり聞かせる
これが「聞こえる」なら興醒め。聞かせるからいいんです。
キスって、確かにどちらかに微妙に傾くんだけど、あらためてお歌になると
新鮮に感じてしまう。


114より

094:進 住職(jusyoku)様
 あの時気付いた、僕は進めない。奪われたものは何?雪は降る。
句読点の覇者とお呼びしたいぐらい巧妙です。この途切れ方が、結句を
より寒く、ひんやりさせているから。一見関連性なく感じさせておきながら、
実は心情も入っている、という。


今日はここまで。一気に進みました。っていうか、ひとつひとつのログで
これは!というのが少なかったせいもあります。
何度も繰り返していますが、私が採るのは「私の好きな」歌であって
それが世論的に秀歌かというと、ずれも生じると思います。
まず、生活臭を出すなら説得力が欲しい。
ただ子どもがどうしたこうした、母親が、じいちゃんがどうしたというより
プラスアルファの言葉で、好き嫌いが別れます。
特に子ども、幼子、嬰児などは、それだけで可愛いのか知りませんが
単に赤ちゃん成長記録になってしまうと、子どもありの人にしか、
共感を得ることができなかったりして。

幻想的なものについても、あまりにも・・・というのは避けてるかも。
とことんファンタジーか、ありえない!かの境界線は難しいけれど
私は、自分が完走してから、独り善がりの歌をたくさん残したことを
すごく悔やんでいます。自作でありながら、これは
多くの皆様に読んで頂く作品ですから、もっと推敲すべきだった、と。

ちょっと珍しく難しい話なんかしちゃいました。

|

« やーん、もう! | トップページ | お疲れさまでした♪ »

コメント

はじめまして ベティ様
住職(jusyoku) こと 新津康です。

以前から、取り上げて頂き、また、お褒め頂きありがとうございます。

>何度も繰り返していますが、私が採るのは「私の好きな」歌であって
>それが世論的に秀歌かというと、ずれも生じると思います。

実際、こんなにたくさん取り上げてくださった方は、ベティさんが一番です。
他にも幾人かのかたが、取り上げてくれたようです。多分、ベティさん好みのものを書く確率が高いのでしょうね、自分は。

自分は、詩も書いており、詩の中にも句読点を入れようと心がけてきてます。そのため、31文字あれば、OKというような、無題の詩として作っているので、本流からは外れているのかもしれません。

お礼の言葉が遅くなって申し訳ありません。
今後とも宜しくお願いします。

来年は新津康の名で参加しようと思います。

追伸、HPは宣伝用なので、期間限定で終了します。

住職(jusyoku)

投稿: 住職(jusyoku)=新津康 | 2005/11/12 11:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89457/6646298

この記事へのトラックバック一覧です: 過去ログ111~114:

« やーん、もう! | トップページ | お疲れさまでした♪ »