« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006/03/19

010:桜 ベティ

誇らかにゆけ小犬の尾みだれ散る桜につゆのかなしみもなく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

009:椅子 ベティ

籐椅子にひとりもたれてモカの香を吸い込むほどに孤独は素敵

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/14

008:親 ベティ

怒られて泣いちゃう私親だってむかしはきっと隅で泣いてた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

007;揺 ベティ

スカートが風に巻かれて履かれないきいろい春だむすめを揺らせ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/13

006:自転車 ベティ

草むらに棄てられ錆びた自転車よ月へと昇る夢をみたいか

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/03/12

題詠1~5まで

001:風
 「思うままゆかぬからこそ人生」とか言うやつを蹴り風上に立て
002:指
 恋人になれと請われて頷けぬ指輪を拒む過去の傷痕
003:手紙
 鮮やかな鳥の絵手紙破り泣く 背黄青鸚哥は去年死んだの
004:キッチン
 キッチンより「お台所」が似合う母・煮かぼちゃ・青菜胡麻和え・秋刀魚
005:並
 泣きやんで右下を見てまた泣けた まるめた背中並べてた犬

まずこの5首を詠みました。昨年比、相当スローです。
でも今月末、お引っ越しをしなければならないので・・・
もっとスローになってしまうことでしょう。
この引っ越しは仕事につきものでして、しないわけにいかないの。
だって、私はこれでごはんを食べているんだから。職務命令なの。

ふらっといなくなっても、心配しないでくださいね。
月末に消えて、4月の早いうちに復帰します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

005:並 ベティ

泣きやんで右下を見てまた泣けた まるめた背中並べてた犬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

004 キッチン ベティ

キッチンより「お台所」が似合う母・煮かぼちゃ・青菜胡麻和え・秋刀魚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

003 手紙 ベティ

鮮やかな鳥の絵手紙破り泣く 背黄青鸚哥は去年死んだの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

002 指 ベティ

恋人になれと請われて頷けぬ指輪を拒む過去の傷痕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/06

001 風 ベティ

「思うままゆかぬからこそ人生」とか言うやつを蹴り風上に立て 

すいません、TBの際タイトルにHN入れ忘れました。&別名で出しちゃった。
なのでTBやりなおしです。お手数をお掛けして申し訳ございません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »