« 070:籍(萩 はるか) | トップページ | ちょっとお知らせです »

2008/06/02

面倒なときの卵焼き

毎日お弁当を詰める皆さん、どうしても色あわせが面倒で、
おかずを何種類も作る気分じゃないあげく、
買い置きの野菜なんかも駄目になっちゃって、
き~っ!となること、ありませんか?私はしょっちゅうです。

これが自分の弁当でなければまだしも、
負け犬世代の自分用弁当だと、ついコンビニで買いたくもなります。
ああ、たまにはできあいでいいか・・・なんて思ったりします。

こういう気分でもなおお弁当を詰める必需品その1は、
自然解凍できる作り置き総菜で、うちは卯の花が冷凍庫にいます。
レンジでチンするおかず類は、冷凍餃子以降ちょっと怖い。
さあ、どうしよう、となったとき、卵がちょこんと控えています。
定番厚焼き卵のアレンジでも、スクランブルエッグのアレンジでも、
こいつは自分自身がきれいな黄色を発する上、
混ぜ込んだ食材の色も見せてくれる、なかなか優秀な相棒です。

今日は、スクランブルエッグにみじん切りほうれん草を炒めたものを混ぜ
昨日は厚焼き卵にカニかまとひじきを混ぜ込みました。
いずれも、きれいに発色し、ほっとしています。

混ぜ込む食材の候補として
 ひじき(戻さないでそのままでも食べる頃は膨張してる)
 干し椎茸(これは卵液に入れて少し放置すると良いでしょう)
 乾燥させたハーブ類(イタリアンっぽい)
 おむすび用の「混ぜるだけ」調味料(味付けも一気にできます)
 カニかま(赤と白がほんのり透けます)
 刻んだ青菜類(大根の葉っぱとか冷凍しておくと便利)
 チーズ(小さめの角切りで、ボリューム感あるおかずに!)
 干し桜エビ(ピンクがきれいです)
などがありますね。卵の友に、保存食材を買い置きするのも
ある意味賢いお弁当戦術かもです。
干し桜エビは我が家ではとっても重宝していて、鰹節の感覚で
おひたしや胡麻和えにちょこんと3匹ほど乗せて、色を楽しんでいます。

|

« 070:籍(萩 はるか) | トップページ | ちょっとお知らせです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89457/41409495

この記事へのトラックバック一覧です: 面倒なときの卵焼き:

« 070:籍(萩 はるか) | トップページ | ちょっとお知らせです »